岡山で、自分に合った人工透析方法をみつけて腎臓を治す

いろんな医者のイラスト

人工透析の仕組みと透析の方法

人工透析とは、機能が衰えてしまった腎臓の代わりに老廃物などを取り除き、血液の浄化を行う治療のことを言います。人工透析になる人は腎臓の働きが悪い人、つまり腎不全の方になります。腎臓の機能が衰えると、本来排出されなければならない老廃物が排出されず血液中に残ってしまうのです。そのままにしておけば尿毒症を発症し、命を落としかねません。
透析の方法にはいくつかあり、血液透析は、ダイアライザーという透析器(人工腎臓)に血液を送り込み余分な水分、老廃物を取り除き血液を浄化させ体内に戻していきます。一般的には「内シャント」と言われる静脈と動脈をつなぐ手術を手首の血管に施し、そこから血液を入れ替えることで十分な血液量を確保できます。血液透析は一般的に週3回、4~5時間程かかります。
腹膜透析は、内臓の表面や腹壁の内側を覆っている膜で透析を行う方法になります。この腹膜に囲まれた空間の事を腹腔と言います。透析液を腹腔内に入れておくことで、腹膜を介して老廃物や余分な水分が腹腔内の透析液に移ります。余分な水分や老廃物が移りきったところで体外に取り出す方法を腹膜透析と言います。腹膜透析は、日中に数回行い、1回30分で透析液を交換し、治療を行います。
最近の透析治療は以前に比べると格段に進歩しており、透析治療をしていても健康な人と同じような生活が送れるまでになってきています。

CONTENTS

人工透析の仕組みと透析の方法

人工透析とは、機能が衰えてしまった腎臓の代わりに老廃物などを取り除き、血液の浄化を行う治療のことを言います。人工透析になる人は腎臓の働きが悪い人、つまり腎…

透析における血液透析という方法について

まずは透析について、簡単にご紹介します。人間には賢臓という臓器が誰でも備わっています。賢臓は人間の生命活動に大切な様々な働きをします。そして、この賢臓の働…

透析になった場合の食事

人工透析には、食事療法つまり食事制限をしなければならないことがあります。特に腎臓透析をされている方などは、腎臓疾患の進行を防ぎ症状を改善することを目的に透…

NEWS

TOP